TEL 054-270-1221

静岡リハビリテーション病院

採用情報

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を募集中です

<理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 求人案内> クリックして下さい
求める人材像

医療機関は、患者様がいることで成立する業種であり、サービス業です。

特にセラピストは直に患者様と接し、コミュニケーションを取りながら、患者様の抱える問題を解決していく力が求められます。

そのために必要なことは、組織人としての「社会性」と医療人としての専門性を高める意欲を持ち続ける「継続性」です。専門職としての技能を習得することは容易ではありません。

毎日地道に患者様と接し関わることで少しずつ見えてくるものが多くあります。

患者様を治療するための「確実な技能」に加え、失敗を恐れない「チャレンジ精神」、上司や先輩の助言を素直に受け入たり、他職種と連携する「協調性」、自分の意見をしっかり伝えることができる「プレゼンテーション能力」など、医療職は多くの課題を乗り越えてこそ、患者様との強い信頼関係を築くことができます。

多くのスタッフとともに 自分を磨くことができる人材 を求めます。

理事長 小嶋 康則
病院概要
法人名
: 医療法人社団 清明会

病 院 名
: 静岡リハビリテーション病院

所 在 地
: 〒421-1311    静岡県静岡市葵区富沢1405
TEL (054)270-1221(代表) FAX (054)270-1229
E-mail shizuriha@ny.tokai.or.jp
URL rehabili.godream.ne.jp

開   設
: 昭和56年7月

代 表 者
: 病院長 小嶋 康則

担 当
: 事務長 熊谷 範夫   

施設概要
: 標榜科目: 内科、整形外科、リハビリテーション科
病床数: 148床
[回復期リハビリテーション病棟108床]
[療養型病棟40床]
リハビリテーション施設基準 脳血管T、運動器T,U
リハビリテーション医研修施設
(現在リハビリテーション専門医2名常勤)
県指定施設:静岡県域地域リハビリテーション広域支援センター

リハビリテーション
部門
: ◇理学療法科(435.5u)
  理学療法士 28名 (神経系専門理学療法士 1名)
作業療法科(126u)
  作業療法士 21名 (認定作業療法士 2名)
言語聴覚療法科
  言語聴覚士 5名
医療連携相談室
  医療ソーシャルワーカー 3名 (社会福祉士 1名)

◆Bobathコース修了者、福祉用具プランナー修了者、
介護支援専門員有資格者、
住環境コーディネーター有資格者 在籍

主な対象疾患:
  • ・脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷など中枢神経障害
  • ・慢性関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、頸椎症
  •  大腿骨頸部骨折など整形外科系疾患

出張業務:
  • ◇学会、研修会等年1回の公務出張あり

関連施設
: ◇介護老人福祉施設「晃の園」
◇静岡富沢病院 療養型病床
◇ケアハウス「ラポーレ駿河」
◇地域包括支援センター
◇居宅介護支援事業所
◇デイサービス
取り組んでいるリハビリテーションの内容

主な対象疾患:脳血管障害、大腿骨頚部骨折術後、脊髄損傷、下肢切断、廃用症候群、他

回復期から維持期(生活期)にかけ、社会復帰を目標に機能的介入から住環境整備まで、各専門職の連携による全人的リハビリテーションサービスを提供しています。静岡県中部地区では初のリハビリテーション専門病院を開設して30年、近隣急性期病院や退院後の福祉施設からの信頼も厚く、地域医療に貢献しています。

平成25年4月に、静岡市駅南地区にリハビリテーション特化型通所施設「静岡石田Ryuリハビリテーションデイ」を開設し、維持期リハビリテーションも充実しています。

静岡県指定「静岡圏域地域リハビリテーション広域支援センター」では、地域の福祉・介護従事者を対象に研修会を開催して、地域リハビリテーションの啓発活動をしています。

リハビリテーション部門では毎年多くの臨床実習を受け入れ、人材育成にも力を入れています。

当院の特色
  • 主に回復期の患者様に対し、社会復帰を目標に機能的アプローチから住環境整備まで専門職の連携により全人的なリハビリテーションサービスを展開しています。
  • 言語聴覚療法では、患者様の状態にあわせ、日常的なコミュニケーション能力や食べる機能の回復を目標にしたリハビリから、社会復帰に向けたリハビリまで、幅広く取り組みます。自宅への退院を目標に、訪問指導の実施や退院後の生活を意識した家族指導にも力を入れています。
  • 臨床、教育、研究を実践することで、医療技術者としての向上を目指しています。
  • 静岡県指定の地域リハビリテーション広域支援センターとして、研修会など企画し静岡県静岡圏域の地域リハビリテーションの啓発活動を実施しています。
  • 求める人材像
  • 医療機関は、患者様がいることで成立する業種であり、サービス業です。特にセラピストは直に患者様と接し、コミュニケーションを取りながら、患者様の抱える問題を解決していく力が求められます。そのために必要なことは、組織人としての「社会性」と医療人としての専門性を高める意欲を持ち続ける「継続性」です。専門職としての技能を習得することは容易ではありません。毎日地道に患者様と接し関わることで少しずつ見えてくるものが多くあります。患者様を治療するための「確実な技能」に加え、失敗を恐れない「チャレンジ精神」、上司や先輩の助言を素直に受け入たり、他職種と連携する「協調性」、自分の意見をしっかり伝えることができる「プレゼンテーション能力」など、医療職は多くの課題を乗り越えてこそ、患者様との強い信頼関係を築くことができます。多くのスタッフとともに自分を磨くことができる人材を求めます。
  •                                    理事長 小嶋 康則