TEL 054-270-1221

静岡リハビリテーション病院

言語聴覚療法とは 言語聴覚療法とは
脳卒中の言語聴覚療法

 脳卒中になると、次のような症状が出ることがあります。

■ことばの障害(失語症)
「言いたいことばが出てこない」
「相手の言っている意味が分からない」
「新聞を読んでも意味が分からない」
「書きたい文字が出てこない」・・・など
○患者さんの症状に合わせて、ことばの練習をします。
○ことばだけでは気持ちが伝えられない・・・
 そのようなときは、ことば以外の方法(身振り・絵など)も使います。
○どのような話し方をすれば気持ちが伝わりやすいか・・・
 患者さんと会話が楽しめるよう、患者さんに分かりやすい話し方・
 ことば以外の方法の使い方等についてご家族にアドバイスします。
■発音の障害(運動障害性構音障害)
 声の障害 (音声障害)
「ろれつが回らない」
「大きな声が出ない」
「声がかすれる」・・・など
○患者さんの症状に合わせて、口の体操・発音・声の練習をします。
○話しことばだけでは気持ちが伝えられない・・・
 そのようなときは、話しことば以外の方法(文字を書くなど)も
 使います。 ○どのような話し方をすれば相手に伝わりやすいか・・・
 会話が楽しめるよう、話し方についてアドバイスします。
■飲みこみの障害(嚥下障害)
「食事中にむせてしまう」
「口から食べ物がこぼれる」・・・など
○患者さんの症状に合わせて、飲みこみの練習をします。
○どのような食べ方をすれば、むせずに食べられるか・・・
 おいしく食事がとれるよう、飲みこみやすい姿勢・食べ物について
 アドバイスします。

詳しくは、担当の言語聴覚士に ご相談ください。